忍者ブログ   
admin
  エクラシャルムに配合されている有効成分はメラニンの発生を抑制してくれるトラネキサム酸と雑菌の繁殖の抑制やニキビの炎症を抑制してくれるグリチルリチン酸ジカリウム。 エクラシャルムには美容成分も配合されているので肌の潤いもサポートしてくれます。
                       
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
  
   
   
                       
   
エクラシャルムは医薬部外品の薬用ケア美白ゲル。


ニキビ肌に悩むあなたにエクラシャルム!



エクラシャルムの有効成分は2つあります。

■トラネキサム酸
■グリチルリチン酸ジカリウム


この有効成分がどのような効果を持っているか。

トラネキサム酸はメラニンの発生要因のひとつ
メラサイト活性化因子プラスミンをブロックしてくれます。

メラサイト活性因子をブロックされるので
メラニン生成が抑制されます。

なので、シミや黒ずみの予防・抑制する美白効果が。


で、グリチルリチン酸ジカリウムの方はというと
ニキビ菌の繁殖の抑制してくれます。

さらに、ニキビによる肌の炎症も抑制してくれます。


エクラシャルム公式サイト



エクラシャルムには2つの有効成分の他にも
厳選された5つの美容成分と25種類の美容成分
全29種類が配合されています。


5つの厳選された美容成分は
抗炎症や美白、肌荒れなどに効果を発揮!


厳選された5つの美容成分

■クワエキス … 抗炎症・肌荒れ防止・美白
■サクラ葉エキス … 抗炎症・肌荒れ改善・美白
■セージはエキス … 抗炎症・抗酸化・ヒアルロン酸保護
■メリッサ葉エキス … 抗炎症・肌荒れ防止・抗酸化
■ユキノシタエキス … 抗酸化・収斂(しゅうれん)・美白


エクラシャルム公式サイト



その他の25種類の美容成分はというと

■コラーゲン
■ヒアルロン酸
■ローズマリー
■ホホバ
■メドゥフォーム
■ローズヒップ
■トコフェロール
■ウメ
■オレンジ
■カムカム
■グレープフルーツ
■アルギニン
■サンザシ
■シーウィード
■ダイズ
■トウモロコシ
■トレハロース
■タイソウ
■ハチミツ
■プルーン
■ライム
■リンゴ
■レモン
■酵母

…とこんな感じになっています。


エクラシャルム公式サイト



有効成分と美容成分の両方の効果で
ニキビ跡の改善、ニキビの予防をすることができます。

さらに、美容成分に含まれている潤い成分が
肌の潤いやハリをしっかりサポートしてくれます。

エクラシャルム1つで乾燥肌ニキビ、脂性肌ニキビの両方を改善!

根本からニキビのできる原因をシャットアウトして
あなたの肌をニキビ知らずの美肌、たまご肌へと導きます。







PR
   
  
   
   
                       
   
ニキビ肌に悩むあなたにエクラシャルム!



2つの有効成分と29種類の美容成分配合の
薬用ケア美白ゲル『 エクラシャルム 』の
原材料名を紹介します。


有効成分は2つ。

有効成分:
トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム


エクラシャルム公式サイト



その他の成分は少し見にくいかもしれません。
かなり多いので。


その他の成分:

精製水、1,3-ブチレングリコール、濃グリセリン、
トリメチルグリシン、ポリエチレングリコール20000、
水素添加大豆リン脂質、メドウフォーム油、海藻エキス、
L-アルギニン、カルボキシビニルポリマー、フェノキシエタノール、
ジペンタエリトリット脂肪酸エステル、ホホバ油、キサンタンガム、
d-δ-トコフェロール、セージエキス、クワエキス、サクラ葉抽出液、
酵母エキス、ローズヒップ油、メリッサエキス、ダイズエキス、
ユキノシタエキス、ハチミツ、ローズマリーエキス、水溶性コラーゲン、
ウメ果実エキス、カムカムエキス、タイムエキス、サンザシエキス、
タイソウエキス、グレープフルーツエキス、リンゴエキス、
ヒアルロン酸ナトリウム、トレハロース、プルーン酵素分解物、
ライム果汁、オレンジ果汁、レモン果汁、香料


低刺激処方のエクラシャルムですが
その他の成分を見ると防腐剤として
フェノキシエタノールが配合されています。

なので、超敏感肌とかの方は
使用しない方が無難かもしれません。







   
  
   
        
  
エクラシャルム
  
       
TOPにもどる
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) エクラシャルムの有効成分って何? ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++ 忍者ブログ [PR]
 +++